2006/5/20(土)〜21(日) 柿山田オートキャンプガーデン 2006/5/25 New!

 今回のキャンプは友人けんもファミリーとキャンプ&「マスのつかみ取り」をしよう!ということで柿山田オートキャンプガーデンに行ってきました。昨年けんもファミリーはこのイベントに参加したそうで今年はぜひ、と誘ってくれたんです。富浦の「アジすくい」といい、お魚無料Get系は目がない我が家、もちろん即答「OK」です。

 土曜日はけんもファミリーの「あいちゃん」が運動会のため、運動会終了後、現地で合流予定でしたが、なんと運動会が前日の雨と当日の雨予報により日曜日になってしまったとのことでドタキャン(泣)。金曜日にカミサンのお腹の具合が悪かったというのもあってどうしようかな、と迷ってましたがカミサンの体調もそれほど悪くなく、結局行くことにしました。

 週末の天気予報は土曜日夜が一時雨、日曜日は快晴という予報。あんまり降り過ぎると川が増水して「マスのつかみ取り」ができなくなってしまうのでなんとか降らないでくるれといいのにな、と思いつつ出発。

 出発は11時半くらい、京葉道路の渋滞もなく、スムーズに君津ICまで到着、途中例の怪しいお店(?)で房総の名水を汲んでからキャンプ場へ。怪しいお店のアライグマやら生まれたての「うり坊」なんかを見学してたらなんだかんだで到着は1時前になってしまいました。あ、このおじさんは全く知らない人です(笑)
 到着後早速管理棟で受付。Bサイトのいちばん奥を予約していましたが「キャンセルが多いのでどこでもいいですよ」とおっしゃっていただいたこともあり、現地を見て水溜りがなく、広めのサイト、ということで管理棟から降りてすぐのA2サイトに決定。しかしこのキャンプ場は我が家のテントとタープではちょっと狭い感じです。
 サイトから見た小糸川。前日雨のため少々濁りはありますが遊ぶくらいだったらなんとか大丈夫そう。A、Bサイトは川を見下ろせて子供を遊ばせていても安心です。
 サイトもちょっと湿っているし乾くのを待とう、ということでイスだけ出してのんびりとしてました。着いた瞬間から怒涛のように設営するいつものキャンプとはちょっと違うスタート。
 この日はかなり風が強めに吹いていましたが、サイト内は大きな立ち木と切り立った断崖絶壁に囲まれているためか、時より強い風が吹くもののほとんど風を感じないほどでした。
 設営もせずに川に遊びに行きました。ここで2匹で戯れるキレイなアゲハチョウを発見。調べたところ「モンキアゲハ」というそうです。
 設営もせずに遊んでいても仕方がないので設営開始、3時には設営完了。大型タープ&大型テントのため、タープとテントを連結するような形でようやくレイアウトが決まりました。ここのサイトは下が土で比較的柔らかいところが多いため、ペグを打ち込むポイントは十分注意しましょう。我が家は土の柔らかいところは土が流出しないよう丸太で囲ってあるんですがそこの境目にソリステを打ち込むことで固定しました。(これが後で裏目に...)
 設営完了後はランタンに燃料を補給しつつビール(ホンモノ!)で乾杯。んー、たまらん!!
 子供たちはおやつの時間。ポテチを我先にとほうばる(^_^;
 本日夕食はラーメン、ということで料理の時間もあまりかからないのでみんなで場内をお散歩。こちらは管理棟横にある天然水。飲んでみましたがくせもなく飲みやすい天然水でした。このすぐ上はサイトになってますがどういう仕組みで湧き出してるんだろ?
 管理棟手前に「足湯」の文字を発見。2年前に来た時はなかったよね? 確か200円の料金が必要だったような。しかしこの足湯、いつお湯が張られるんでしょうか...
 五右衛門風呂も見学。なんでも自分で薪を使い沸かすそうな。洗い場がちょっときつそうだった。確か料金は1500円(不確かな記憶ばかり...)。五右衛門風呂は2つありました。
 こちらは我が家がいるAサイトはかなり離れたリバーサイトにある洞窟。リバーサイトに陣取っている3組程度のグループのおじさんから「入るとお化けが出るぞ!」と脅されてビビるゆうと。入ってみたらなんてことない、すぐ行き止まり。
 こちらがリバーサイト。サイト数も少なく、かなり独立感がある感じで、他のサイトとは雰囲気が異なります。サイト自体はA、Bサイトと同様、そんなに広くありません。トイレ、炊事棟はかなり小規模。
 こちらがザリガニ釣りができる池。真ん中にはうさぎのいるウサギ島、ひょうたん島があります。ゆうとはザリガニ釣りをしたかったようですが、今回は川中心ということでザリガニ釣りはしませんでした。この時期でも大物が釣れているようでした。
 こちらが管理棟。オーナーと思われるご夫婦や若いスタッフの方もとっても親切。
 こちらがA、Bサイト近くのトイレ。大2つでうち1つはウオッシュレット付きの洋式です。清潔度はまあまあ普通、といったところでしょうか。
 ブレブレで申し訳ないですがこちらが炊事棟。お湯は出ません。それから合成洗剤の使用は禁止です。奥にはシャワー室が2つあります。右手にはゴミステーション。ゴミはビン・缶以外は全て一緒、いまどき珍しいですね。
 散歩の後はブランコ。ロープが長くてクルクル回るブランコにあゆ大はしゃぎ! 本日泊まりが5組程度ということでブランコはほぼ使い放題。
 ブランコの後はもう一度川遊び。「水路を作るんだー」と二人でせっせと作ってました。作ってるそばから川の水位が落ちてきてしまって何回か掘り直してようやく完成!
 こんどは川でお魚の稚魚を捕ってきて作った水路に放流。こういうのって子供の頃楽しかったなー、としみじみ。川遊びをしていたら雲行きが怪しくなってきてポツリポツリと雨が降ってきたのでサイトへ退散!
 サイトに戻るといきなり大雨に。土サイトのため、タープ内でもご覧の通り。早く止んでくれー。ちなみに体調が完全復調していないカミサンはテント内でお昼寝。
 ちょうど雨だし、お腹も減ってきたので夕食の準備に取り掛かりました。今日のレシピはいつもお世話になっているSAMさんの「蒸し鳥親子そば」をちょっとアレンジ(といっても大したアレンジでもないですが)してニンジンやらキャベツなどの野菜を多めにしてみました。味付けもマルタイ棒ラーメンに付いてるスープの素も利用。ホント簡単オイシイラーメンができますよ(^^)
 お腹の減っている子供たち、ものすごい勢いで食べること(^_^;。親子4人で6人前ペロリと平らげてしまいました。
 夕方、ずっとスゴイ勢いで降っていた雨もようやく峠を越えたようでした。がテント横を見るとテント下に雨水が流れ込んでました。うちのテント、耐えられるかな?
 7時過ぎ、ようやく暗くなってきてランタンに点火。考えてみればあと1ヶ月で夏至、夏休みと同じくらいの日の入りなんですよね。
 食後の食器洗いは全員で。ゆうととカミサンが洗い係、あゆとパパがすすぎ係。
 この頃にはすっかり雨も上がって無事焚き火ができました。子供たちは大好きなマシュマロ焼き。2人で1袋食べちゃいました。ちなみに焚き火はサイトに付いているU字溝で。
 焚き火を囲んで家族で談笑。学校のこと、幼稚園のこと、色々話しました。テレビも何もない環境で家族4人会話するってあんまりないこと。やっぱりこういう時間って大切だよね。
 この後子供たちは9時過ぎに就寝。最近は子供たちだけで寝てくれるので楽になりました。カミサンは11時に就寝。
 11時頃薪が終わってカミサンが寝た後、仕事のことなんぞすっかり忘れて酒飲みつつタバコをふかしてボーっとランタンを眺める...むちゃくちゃ気分もリフレッシュ。この後、12時前に就寝。
 翌日6時台からもぞもぞしてたゆうとと7時に起床、今日は雲ひとつなく風もなくいい天気そう♪
 しばらくしたらあゆも起きだしました。顔だけ出してあたりをキョロキョロ、寝ぼけてるのかな?
 朝食は夕食に続き簡単メニューのホットサンド。前回に引き続き中身は聞かないで(^_^;
 朝食後、午前中イベントが続くのでいらないものは片付けるなど早めの時間から徐々に撤収を始めてました。
 さー、今日はマスのつかみ取り、頑張るぞー、と思っていたら9時前に漁協の方々が大勢集まってマスのつかみ取りの準備を始めました。小型のブルドーザーで川をならすようです。それにしても川まではかなりの急坂ですがなーんの問題もなく降りていきました。
 9時半過ぎ、管理棟前にはイベント用テントが張られ、マスのつかみ取りの受付開始。続々と人が集まり始めました。ちなみにC、D、Eサイトと多目的広場は駐車場になってました。
 隣のテントでは「鯉こく」と「甘酒」が無料で配られていました。もちろんどちらもいただいちゃいました。
 天然水を溜めた子供用のプールの中にはでっかい鯉が泳いでました。この鯉の重さを当てるとBBQグリルやらイスやらがもらえる「鯉の重さ当て」をやってました。我が家も参加しましたがあえなく惨敗(泣)
 10時半、続々と川に人が集まり始めました。マスのつかみ取りの開始時間は10時50分の予定。川はこの画像のちょうど両端くらいに網が張られ、この中にマスを放流するようです。
 10時半過ぎ、開会式が行われました。漁協の方やら市議会議員の方々の挨拶が続く... 結構きっちりしてるのね(^_^;
 おー、テレビ局が来てる〜、と思ったらJ-COMの方でした。テレビ局には間違いない?
 えーっとこれは捕ったマスじゃありません。マスを乗せた車から子供たちが川に放流する、という趣向です。ちなみにマスのほかにも先ほどの巨大な鯉も放流。鯉なんか捕まえちゃったらどうすんだろ?
 放流はこんな感じで。J-COMのカメラマンさん、ベストカットを撮ろうと必死。
 ホントは開始の合図でスタートのはずが放流した直後からみんな魚捕まえ始めちゃってました。誰かが始めるとみんな負けじと始めちゃったりしてもうぐっちゃぐちゃ(^_^;
 こんな感じでかなりの密集状態。この広さでは手掴みはかなりキビシー! ちなみに事前の説明では「つかみ取りなので極力網は使わないで下さい」とのアナウンスがありましたが、あまりに捕れないので網を使う人もチラホラ。我が家も最終的には網使っちゃいました。
 ということでGetは最終4匹、人数分はGetできて良かった良かった。ちなみに1匹は網でゆうとが捕まえました。
 さー、食おう、って良く考えたら誰も魚を捌いた経験がない... ここは誰かに聞くしかない、と炊事棟に行っていろんな人に聞いてみましたが皆さん「さー、分かりません」というそっけないお答え。とりあえず内臓だけ取っておけば大丈夫でしょ、と適当に捌いてみました。捌いた後は串に刺して塩振ってなんとか完成。誰か今度魚の捌き方教えて〜。
 串を地面にじか刺しでクルクル回しながらじっくり炭火で焼いてみました。しばらくすると焼けたマスのいい香り♪
 二人とも以外にも魚好き、うまいうまいと食べてました。焼き加減もいい感じで、川魚も新鮮だとうまい〜。
 ちなみに二人とも教えてもいないのに結構魚食べるの上手なんです。両親よりも上手かも。
 ここ、柿山田オートキャンプガーデンではチェックアウトは12時、マスのつかみ取りやら撤収やらで12時にはチェックアウト不可能なので3時まで延長。マスを食べ終わった後、まったりしてたらオーナーさんから余った甘酒を頂戴してしまいました。感謝。
 最後のタープを撤収中、事件発生! って大したことではありませんが、土が流出しないよう丸太で囲ってある部分に打ったソリステ君が抜けない!! 押そうが引こうが回そうがもう一本ソリステ持って来て引っ張ろうがテコの原理で抜こうとしようがやっぱり抜けない!!! ソリステ君打った時になんか固いなー、と思いつつ打ってましたがどうやら丸太に打ち込んじゃったようです。要はでっかい釘を丸太に打ち込んじゃった、みたいな感じになっちゃったんですね。
 ということでA2サイトに入った方はぜひこのソリステ抜きにチャレンジしてみてください(笑)。ソリステの穴にソリステ入れて引っ張ったら確実にソリステ曲がりますよ。運が良ければ抜けるかも〜。
 2時45分、全ての撤収が完了。今回のキャンプはこれでおしまい!

 けんもファミリーが来られなかったのは残念ですが土曜日の一瞬の大雨を除けば天気も上々、日曜日のマスのつかみ取りなどのイベントも盛り上がり、大変楽しいキャンプとなりました。また、今回は食事に労力を使わなかった分、たくさん遊べたので子供たちも大満足だったようです。
 さてさて、ここ柿山田キャンプオートガーデンは2年前に本格的な泊まりキャンプを初めて行った場所。あの時はなんだか必死でキャンプ場のことはあんまり覚えてませんでしたが、設備もそれなりで川ありザリガニ釣りありブランコありと子供と一緒に行ったら楽しいキャンプ場ですね。ICからも比較的近いのですが十分里山気分を満喫できますよ。ただ少々残念なのが飛行機の航路の真下のようで、特に今回のように風の強い日は高度を下げているらしく、かなり飛行機の音がうるさかった。夜10時くらいまでは頻繁に飛行機が飛んでいるようです。それからサイトはちょっと狭いかも(我が家だけの問題かも)。この点を除けばいいキャンプ場だと思います!
inserted by FC2 system