2006/11/18(土)〜19(日) 浮島キャンプ場 2006/12/1 New!

  突如前日に怪獣父ちゃんからお誘いを受けフラフラと(笑)行ってきました無料キャンプ場第二弾!

 今回参加は怪獣父ちゃん&みかちゃん、ちかちゃん、ひなたさんはソロで参加ということもありうちのカミサン、「三人で行ってくれば?」とテンション低め(体調不良ということもありましたが)で久しぶりに子供二人との父子キャンプとなりました。

 この週末は土曜日は晴れマークでしたが日曜は午後から雨マーク。なんとか天気がもってくれることを祈りつつのキャンプとなりました。今回はカミサンがいなかったせいか(?)なぜか写真が少なくショートレポになってしまいましたので悪しからず。

 ゆうとの歯医者さんなんかもあり、出発は2時過ぎ。東関道を湾岸市川から乗って大栄ICまで高速を使って行きましたが正味1時間ちょっとで現地に到着しました。「遠いかなー」と思ってましたがかなり短時間で到着できてうれしい誤算。
 ここは霞ヶ浦湖畔に面した公園内にあり、キャンプをしている人が最初いなかったため、思わず「ここってキャンプ場ですか??」と聞いてしまいました(^_^;
 程なくして怪獣さんちもご到着。ちかちゃんは車で爆睡してるとのこと。この時点で既に4時前、早く設営しなきゃ暗くなっちゃう。
 設営完了は5時前、既にあたりは真っ暗。今回は3人のお手軽キャンプということでタープは張らず、最小限の装備でテントのみ設営してみました。
 設営後のお楽しみでプシュっと一杯。今日は寒いだろう、ということでビールは2本のみ。
 今回は到着が遅かったため、ビールも早々に夕食の準備。と言っても豚バラを竹串に刺すくらいですが。
 今回焼き物中心ということで久々にユニセラ登場。本日の焼き物は豚串、鳥手場&手羽中、ソーセージにぶりカマ、はんぺんチーズなど。お手軽キャンプは焼き物に限る!
 豚汁を調理中の怪獣父ちゃん、と思ったら「味噌忘れた」だって(^_^;。持ってたコンソメとか鶏がらスープの素とかだし醤油なんかで適当に味付けをしてましたがどんな味になるんだろう??
 子供たちには最初に豚串を。腹減ってると特においしいんだよね!
 こちらが怪獣父ちゃん作のなんだか分からないスープ。恐る恐る食べてみましたが(笑)これがなんとなんだか良く分からない味ですが微妙に旨かった。なぜか入れてないはずのカレー風味も...
 なんだか良く分からない写真ですが7時半過ぎ、ひなたさんが到着して一生懸命設営をしているところ。白くぼーっとなっている部分がひなたさんです(笑)
 ひなたさんはコールマンのスクエアタープの下に2人用テントを設営。ドイターのマミー型シュラフも購入してて着々とソロキャンパーへの道に入りつつあります。
 すみません、なぜかひなたさんの写真はこれしかなかった(汗
 さあさあ、食後はこちらも恒例の焼きマシュマロ。おーいあゆ、マシュマロから青い炎が出て火の玉みたいになってるぞー。
 奥さん軍団がいないとついつい子供たちに夜更かしさせちゃいます。10時半、そろそろ寝なさーい!
 子供たちを寝かした後は大人3人で焚き火トーク。なんだかまったりとお話してたのでその間の写真が全くありません。んでお開きは2時ごろ。
 「おやすみなさーい」とお別れした後にテントの前室でしばしボーっと。この人数にこの装備であれば十分テントの前室でもキャンプできると実感。
 翌朝、起床はほとんど9時、キャンプで寝坊の最高記録(^_^;
 あゆの顔を見たら更にビックリ、寝ている間に鼻血を出したようで鼻の下が鼻血でカピカピに。当然シュラフも血だらけ(^_^;
 朝のメニューは超手抜きのカップラーメン。一応栄養に気を使って(気休め気休め^_^;)「わかめラーメン」にしてみました。
 この日は朝からポツポツと雨が降り出してて午前中はしとしとと振っている感じ。ちょっと雨が早まってない?ということで朝食後は早々に撤収を開始。「雨やまないかな?」とタイミングを待ってましたが残念ながら雨撤収となってしまいました。
 ここでちょっとキャンプ場のご案内。こちらは炊事棟。なんかできたばっかり、という感じでとってもキレイ。夜には人感センサーで近づくと自動的に明かりが点いてくれます。残念ながらお湯は出ません。
 公園だかキャンプ場だか境目がないので良くわかりませんがこちらは芝生のいい感じの広場。ちょっとしたピクニックをやるにもいい場所でしょう。この芝生エリアにはテントを設営することはできません。
 こちらはトイレ。トイレも炊事棟と同様人感センサー付き電灯があります。障害者用の洋式トイレが1つと通常の和式トイレと小用が2つ。トイレも素晴らしくキレイで気持ちよく利用できました。
 こちらがキャンプ場のすぐ脇にある湖。むちゃ広い湖ですね。ちなみにこのキャンプ場はオートキャンプ場ではなく、通常は駐車場に車を停めてそこから荷物を運ぶのが正解なんでしょうが、こちらの湖に面した道路に車を置けばサイトにほど近い場所に車を停めることができます。本来はいけないようなので駐車する場合はなるべく端っこに置いて他の車の邪魔にならないようにしましょう。
 本当は遅くまでまったりとしたかったんですが雨も徐々に激しくなってきたので12時過ぎには撤収を完了し、12時半にみなさんとお別れ、いやー楽しかった、またどっか行きましょう!

 このキャンプ場の施設はスバラシイ、1泊6000円とかのキャンプ場と遜色ない、いやそれ以上の施設でした。これでオートキャンプだったら文句のつけようがないですね。それからあんまり大きな声で言えませんが久しぶりのカミサン抜きのキャンプ、なんだか変なプレッシャーもなくのんびりできました〜。
inserted by FC2 system